【会社退職→フリーランスを考えている人に知って欲しい】退職前のリアルな不安とやっておいた方がいいこと。

新しい発見

 

こんにちは、めーやん(@321MEEEI)です!

 

私は3月末で今の会社を退職します。

退職半月前になり、この先のことが不安で不安で仕方なくなってきています。

やらなければいけないことがあるのに気が向かず後回しにしてしまったり、人と会うのが面倒に思えてしまったり…何もかも無気力状態が続いているんです。

これから会社を辞めてフリーランスを目指している人、何かやりたいことに向かって行く人へ。

退職前のリアルな不安や、やっておいた方がいいことなどを書いていきます。

押し寄せる不安の嵐

1ヶ月前から、どんどん自分の退職が現実味を帯びてきます。

私はフィットネスクラブのインストラクターをしているんですが、お客様に退職のことで声をかけてもらうことが多くなったり、同じ職場のスタッフから「もう少しでいなくなっちゃうのか…」と言われることが多くなったり…。

そうすると今まで「こんな仕事、もう辞めてやる!自分のやりたいことをやって行くんだ!」とイキっていた自分がどこかに消え、「なんだかんだ良い職場だったのかもなあ」と思えるようになってきます。(退職に後悔はありませんが。)

今まで強気だった自分が、どんどん弱気になっていきました。

その弱気の元がこちら↓

  • 収入源がなくなる
  • この選択が本当に合っていたのか分からなくなる
  • これから全て自分で選び、管理し、行動していくことへの不安

一つ一つ、例を交えて説明していきます。

収入源がなくなる

これは一番大きな不安要素です。お金がないと生活できません。

私の場合は、今の時点で借金を抱えています。奨学金、そしてリボ払い…。リボ払いに関しては自分の管理の甘さ、今までどれだけその時の欲望でお金を使っていたのかを痛感してます。。

退職金が出ない会社(私の会社は出ません)に勤めている人には特に言っておきたいのが、退職するまでにある程度の貯金をしておいた方がいいということです。

私は退職前すでにお金がカツカツです。貯金なんてありません。これから控えている引っ越しのことを考えると、なぜ今までもっと節約できなかったんだ、貯金しておけなかったんだと心底悔やんでいます。

これから退職を考えている人は、最低3ヶ月程は生活できるくらいの貯金をしておきましょう。心の余裕が全く違ってきます。

あとは副業で、ある程度の収入が継続して見込めるのは最高です。退職まで期間があるのであれば副業をはじめ、自分の収入源を別に作っておければ更に安心ですね!(副業禁止の会社は貯金出来るように計画的にお金を使っていきましょう。)

この選択が本当に合っていたのか分からなくなる

接客業をしていたこともあり、お客様や職場のスタッフにたくさんのお言葉をいただきました。

「なんで辞めちゃうの?」「この仕事向いてるのに」「もったいない」「また戻ってきてよ」

すごく有り難いなあと感じると共に、申し訳ない気持ちも大きくなっていきました。

「コーチにずっと見て欲しかった」「もっと一緒に仕事がしたかった」

こんなことを言っていただいた時に、この方たちにもっと出来ることがあったんじゃないか、なんだか申し訳ない、そう思うようになっていました。

ただそこで気づいたのは、今私がしている選択は誰かの人生ではなく、自分の人生だということ。

有り難いお言葉だと真摯に受け止めるのは大切です。でもだからと言ってそこで自分の軸がブレないようにしなくてはいけません。

退職するときは、周りの人からいろんな言葉をかけられると思います。その中で、決して自分の意志や軸がブレないようにするのが大切です。そこでブレたら、私のように何が正解か分からなくなっていきます。

何が正解か、ではなく、何をしたいのか。

これから自分がしたいことに自信を持って、惑わされないようにしていきましょう!

これから全て自分で選び、管理し、行動していくことへの不安

フリーランスは会社勤めの時とは違い、全て自分次第です。会社から守られることも、上司から言われたことをするなんてことはありません。

退職までの期間にたくさんのフリーランスの方を知り、SNSやブログを拝見したり直接お会いする機会もありましたが、成功しているフリーランスの方々は日々たくさんの努力をしています。

「なんだかフリーランスってやりたいことやって稼いでて楽しそう」「自由で楽しそうな生活してるな」

なんて思っている方は、一度考え直しましょう。

稼いでいるフリーランスの方々は、稼げるようになるまで地道な努力を惜しまず、根気強くその努力を発信し続け、更にそれらを行動に映してきた方ばかりです。みなさんそれぞれに、辛い下積み時代があります。これからフリーランスを目指す人はまずその下積みをして行くわけです。

私自身、今までスポーツしかしてきませんでした。何者でもない、頭もお世辞にもいいとは言えない24歳女です。なんの取り柄もなく、何をしても平均的な私が、これからフリーランスで稼げるようになることを目指していきます。不安にならないわけがないんです。笑

フリーランスは、自分を自分で守っていかなければなりません。

なので退職前からフリーランスになった時のために様々な情報を集め、自分が興味のあるところから学んでいきましょう。

フリーランス養成講座なども最近は多く目にしますし、フリーランスが集まるオンラインサロンに参加するのはおすすめです。私自身オンラインサロンに入り、たくさんの刺激を受けたり、フリーランスの大変さや実態など多くの知識を得ることができました。

退職までの期間をどう使うかが大切

不安要素を書き出しましたが、全てに共通するのは退職までの期間をいかに有効に使えるかどうかが大切だということです。

  • 日々の生活費や出費を見直し、退職までの期間出来るだけ多くの貯金をする
  • 副業を始めてみる
  • 自分が心からやりたいと思えるものを探す
  • フリーランスの方と交流出来る場を見つけ、知り合いになっておく
  • フリーランスとして生きていくための知識を学ぶ

などなど、これらをしておくだけでも心の余裕や不安は大きく変わってくると思います。

私自身、ほんっとうに不安がすごいんですよ今!!笑

だからこそ、これから退職してフリーランスを考えている人にはこの不安を少しでも和らげ、時間を有効活用して欲しいです。

最後に

「仕事を辞めたい」「自由に生きたい」「好きなことをして生きていきたい」

そう思っている人はたくさんいるはずです。

その気持ちを押し殺したまま、我慢して仕事を続ける必要はないと思います。

ただ、退職までに自分のことを知り、少しでも管理出来るようにしておくことが大切です。

  • 何にどのくらいのお金がかかっているのか、どのくらいのお金があれば生活していけるのか。
  • 自分は何が好きで、何に興味を惹かれるのか。何をして生きていきたいのか。

これらを知り、明確にし、退職までの期間を有効的に使って欲しいです。

必ず不安はついてくると思います。その不安に負けずに、自分の弱さに向き合いながら、少しずつ進んでいきましょう。

まずは下積みをしようじゃありませんか!私も自分の弱さに負けず、地道に進んでいきます。

 

これから退職する方、フリーランスを目指す方。

不安と向き合い、自分を知りながら頑張っていきましょう!

ありがとうございました!