【ジムのマナー守れてる?】元インストラクターが教える、スポーツジムの抑えておきたいマナー ジムエリア編

ジム

どうも、元フィットネスクラブインストラクターのめい(@321MEEEI)です!

 

ジムに通いはじめて気になり出すのが、ジムのマナー。

マナーが守れていないと、知らない間に他人へ迷惑をかけていたり、逆に自分が嫌な思いをしてせっかくのジムライフが憂鬱になってしまいます。

個々でマナーを気をつけることがとても重要なんです。

 

しかし、ジムでのどんな行動がマナーの悪さに繋がるのかを理解していない人も多いのではないでしょうか?

 

この記事では、元インストラクターの私が、実際に現場で働いていた時のジムのマナーをまとめています!

これらを抑えておけばジムでのマナーを守り、他人に迷惑をかけず快適なジムライフを送れるようになります。

 

特に初心者の人、そしてジム利用に慣れてきた上級者の人には確認していただきたいです!

次のジム利用から、早速気をつけてみてくださいね!

スポーツジムでのマナーが大切な理由

なぜマナーが大切なのか、理由は大きく2つあります。

  • みんなが気持ちよく利用するため
  • 事故やトラブルを防ぐため

みんなが気持ちよく利用するため

マナーを守れない人がいると、だれかが必ず嫌な思いをします。

せっかくストレス発散や気分をスッキリさせるためにジムに行ってるのに、嫌な気持ちになって帰ってきたらそれこそストレスがたまりますよね…。

マナーを守ることで、自分も他人も気持ちよくジムを使えるようになります。

事故やトラブルを防ぐため

マナー違反から、ジムでの事故やトラブルに繋がることってとても多いんです。

器具の使い方が悪く怪我をしてしまったり、誰かに迷惑をかけてしまったことで口論になりトラブルに…なんてことも少なくありません。

一人ひとりがマナーを守り、事故やトラブルのないジムライフにしたいですね。

ジム全体でのマナーの基本

では、ジム全体でのマナーの基本を最初にお伝えします。

  • 謙虚な気持ちで平等に
  • そのジムの利用規約を守る
  • 他人に迷惑をかけない
  • 服装は動きやすいものを
  • 体調が悪い時はジムに行かない

謙虚な気持ちで平等に

なんでもそうだと思いますが、謙虚な気持ちを忘れないことはとても大切です。

特に長年ジム利用している人は慣れて謙虚さを無くしがち…。

会員はみんな平等にサービスを受けているというとこを肝に命じておきましょう!

そのジムの利用規約を守る

会員制のジムの場合は、入会案内のときにスタッフが利用規約を説明してくれます。

これはジムを利用するにあたって守らなければならないお約束ごとになるのでしっかり守りましょう!

携帯電話の取り扱いには注意

通話する場合は場所を考え、声のボリュームに注意しましょう。

最近ジムで写真をSNSにアップする人をよく見かけますが、これも周りの人の迷惑にならないように心がけましょう!

(ジムによっては撮影禁止のところもあります)

他人に迷惑をかけない

他人に迷惑をかけてしまうような行為はやめましょう。

トラブルに繋がってしまう可能性大です…。

服装は動きやすいものを

動きにくいウェアは自分の怪我や事故にも繋がるので、動きやすさ重視でウェアを選びましょう。

シューズも自分の足に合ったもの、動きやすいものを履きましょうね!

体調が悪いときはジムに行かない

体調が悪いままジムで運動し、そのまま悪化し倒れてしまった…ということもあります。(実際私が働いていた時も何度かありました)

自分の体調を管理することも大切です。無理は禁物です!

トレーニングマシン編

トレーニングマシンを利用するときに気をつけてほしいことがこの6つ。

  • 長時間利用による独占
  • 重りを下ろす時は静かに
  • 叫ばない
  • 終わったら汗を拭く
  • 重りは元の位置に戻す
  • 携帯電話に夢中にならない

長時間利用による独占

「あのマシンを使いたいけどずっとあの人使ってるよ…とほほ…」

これは結構あります。

特にそのマシンがそのジムに1つしかない場合は、独占しないように注意しましょう。

インターバル(休憩)は1分以内がいいですね!

(インターバルで携帯を見てしまうと、ついつい長時間になりやすいので注意です!)

重りを下ろす時は静かに

ガシャン!!と最後に重りを落とす人がいます。

これね、結構他の人がびっくりしちゃうんです。

最後までゆっくり下ろしてこそ筋肉にも効いてきますからね!そっと下ろしてあげましょう!

叫ばない

うぅぅぅぅぅあ、ぐっ、ぐぎぎ…ああぁぁあ!

って大声出す人、たまにいます。(本気)

追い込みすぎて声が出てしまうのは仕方ないと思いますが、周りの人がびっくりしない程度にしましょうね!

終わったら汗を拭く

「マシンを使おうとしたら、誰かの汗でビチョビチョだった…萎」

いや〜、これは萎えますね。使いたくなくなっちゃいますね。

次の人のことを考えて、使い終わったらしっかりタオルで汗を拭きましょう!

重りは元の位置に戻す

「よ〜し、次このマシン使おう!…あれ。…お、重い!!!」

前に使った人が重りをそのままにして去ってしまい、次の人がびっくりしちゃうことがあります。

自分が使ったあとは重りを一番軽い重さにリセットしてあげましょう!

これをしてあげるととても親切!好感度アップポイントです!

携帯電話に夢中にならない

「インターバル、ちょっとSNS見ようかな。ふふ〜ん♪」

と、ついつい見ちゃう携帯。そこからいつの間にか時間が立ってることって多いですよね…。

トレーニング中は基本的に携帯と距離をとることをお勧めします。

トレーニングに集中できなかったり、ついついマシンを独占しがちになりやすいのです…!

携帯はほどほどに!

フリーウエイトエリア編

フリーウエイトで気をつけたいことはトレーニングエリアと基本同じ項目が多いです。

その他で言えるのはこの3つ。

  • 他人の邪魔になっていないかチェックする
  • 場所取りしない
  • トレーニングしている人に近づかない、話しかけない

トレーニングマシンエリアと基本は同じ

長時間利用による独占

特にフリーウエイトは独占してしまいがちになると思うので、その時の混み具合でメニューを変えたりするのもいいですね!

長く使いたくても、混んできたら15〜20分ほどを目安に使いましょう。

重りを下ろす時は静かに

フリーウエイトでもガシャン!音には気をつけましょう!

叫ばない

フリーウエイトでも奇妙な叫び声は我慢しましょう。

踏ん張っているときに出てしまうのは仕方ありませんが、周りを確認して迷惑のならない程度に抑える努力を!

重り、器具、備品は元の位置に戻す

ダンベルやバーベル、その他フリーウエイトエリアの備品は使ったら綺麗に元の場所に戻しましょう!

終わったら汗を拭く

自分の汗は自分でしっかり拭きましょう。次の人が気持ちよく使える心遣いを!

他の人の邪魔になっていないかチェックする

フリーウエイトエリアでは、各々が空いてる場所を見つけてトレーニングに励みます。

自分が「ここでトレーニングをしよう!」と決めた場所が、他の人の迷惑になっていないかまずは確認しましょう。

場所取りしない

すぐに使わないのに物を置いておいて場所取りをするのはご法度です!

共有の場所・ものですので、使わない時は荷物を置かないようにしましょう。

トレーニングしている人に近づかない、話しかけない

トレーニング中はみんな集中しています。

特にフリーウエイトエリアでは、重い重量で追い込んでいる人が多いです。

そんなトレーニング真っ最中に話しかけられたら、ちょっと嫌ですよね…。

話しかけるのは、インターバルや休憩中がおすすめです!

有酸素マシン編

有酸素運動をするときに気をつけたいのがこの3つ。

  • 場所取りしない
  • 足音に注意
  • 終わったらしっかり汗を拭く

場所取りしない

特に混んでいる時は、

「5分くらいのきゅうけいならそのままでいいよね…」

と、荷物を置きっ放しにして休憩しないようにしましょう!

足音に注意

これはトレッドミルというランニングマシーンを使うときに注意して欲しいのですが、足音や靴の擦れる音が響き渡ることがあります。

音楽を聞いていると自分の足音がどれだけ大きく鳴っているのかがわからないので、まずは自分の足音が大きな音になっていないか確認をしましょう!

しかも、足音が大きく鳴らないのがいい走りの証拠ですよ!

終わったら汗をしっかり拭く

有酸素運動後の方が、トレーニングの時よりもたくさんの汗をかきやすいです。

なので、利用後は必ず汗を拭きましょう!

特に注意して欲しいのが、意外と見ない足元。

ポタポタと汗が落ちていたり、汗の量がすごい人は汗の池ができていることもあるのでしっかり拭いてくださいね!(以前本当に池ができる人がいたんです。笑)

まとめ

いろいろと気をつけてほしいことを書いてきましたが、なによりも人への思いやりを持ってジムを利用することで、自然とこれらのマナーを守ることができると思います。

「もし自分だったら、これをされたら嫌だな」

「もし自分だったら、こうしてくれたら嬉しいな」

ということを考えて、思いやりをもってジムを利用していきましょう!

 

気づいたら長々と書いてしまいました…。

ここまで読んでくれた方、ありがとうございました!うれしい!すき!

 

皆さんにとって少しでも役に立てますように…。

それでは!素敵なジムライフを(`_´)ゞ