元フィットネスクラブインストラクターが教える、失敗しないジムの選び方

ジム

どうも、元フィットネスクラブインストラクターのめい(@321MEEEI)です!

 

皆さんは日々の生活でしっかり運動できていますか?

普段から意識をして体を動かせているでしょうか?

 

「ダイエットしてもっと綺麗になりなりたい!」

「筋肉をつけてモテたい!」

と思っていても、なかなか運動できていないという人も多いはず。

 

そこでまずジムに通うということを考える人も多いのではないでしょうか。

「ジムに通って動く習慣を作ろう!」と意を決して調べはじめます。

 

でもそこでぶつかる問題がジム選びです

最近はどんどんいろんな種類のジムができてるので、「あー!どこがいいかわからない!」なんて苦戦することはありませんか?

しかし!チェックするポイントさえ抑えれば、ジム選びに失敗せず、あなたにぴったりのジムを決められるんです!

この記事では、フィットネスクラブの現場で働き、いろんなジムに体験しにいった私の経験から教える【失敗しないジムの選び方】をご紹介します!

結論から先に言うと、選ぶときに抑えるポイントがこちらです!

  • ジムの種類を知っておく
  • サイトで施設の設備・料金・営業時間・アクセスを調べる
  • 実際に足を運び、スタッフ・施設・マナー・混む時間を確認

自分にとって快適なジムを選べるように、ぜひ参考にしてみてください!

ジムの種類

まずはジムの種類から紹介します。(知ってるよ!という人は飛ばしてね)

ジムと言ってもいろんな種類があって、その中から自分の目的に合ったジムを選ぶ必要があります。

大きく分けるとこの4つです。

  • スポーツジム・トレーニングジム
  • フィットネスクラブ
  • パーソナルトレーニングジム
  • その他

ひとつずつ説明していきますね!

スポーツジム・トレーニングジム

トレーニングジムtraining gym)は、筋肉を鍛えるための機器や道具などが置いてある、屋内型の運動施設の事である。「スポーツジム」または単に「ジム」とも呼ばれる。

Wikipediaより

スポーツジム・トレーニングジムは、簡単にいうと筋肉を鍛えるためのマシンやトレーニング器具がある施設のことです。

メインが器具を使ったトレーニングになるので、プールやスタジオがない場所も多いですね。

最近では24時間営業のトレーニングジムも各地に増えてきています。

  • がっつりトレーニングしたい!
  • 筋力をつけたい!

という人におすすめです。

フィットネスクラブ

フィットネスクラブFitness Club)とは、会員の健康維持や健康づくりのための運動施設と専門指導員を有する民営スポーツクラブである[1]。日本の経済産業省特定サービス産業実態調査におけるフィットネスクラブの定義は、「室内プールトレーニングジムスタジオなど室内の運動施設を有し、インストラクター、トレーナーなどの指導員を配置し、会員にスポーツ、体力向上などのトレーニング方法などを教授する事業所」とされ、室内プールの他に室内運動施設を有しない事業所は除外するとされている。

Wikipediaより

フィットネスクラブはこのように、トレーニングルームだけではなくプールやスタジオがある総合型の施設になります。

インストラクターやトレーナーが常駐しているので、運動やトレーニング初心者も安心して通えるのがメリットですね!

わたしもこのフィットネスクラブで3年間働いていました。

トレーニング・プールプログラム・スタジオレッスンなどから自分がやりたいものをその日その日で選べるので、飽き性な人は続けやすいと思います!

パーソナルトレーニングジム

パーソナルトレーニングジムでは、ひとりのお客様に対してひとりトレーナーがつきっきりで、トレーニング指導やサポートをしてくれます。

最近この種類のジムも多くなってきています。パーソナルトレーニングは金額が少し高くなりますが、その分しっかり指導・管理してもらえるので効果は断然出やすいのが特徴です。

その他

その他の最近人気スタジオもご紹介!

ヨガスタジオ

最近女性に大人気なヨガ。ヨガをすることによって心と体のバランスを整えてくれます。

ヨガだけしたい方はおすすめですね。

ピラティススタジオ

ピラティスのスタジオはどんどん増えている印象。

もともとリハビリ用に開発されたエクササイズで、運動強度が割と低いのがポイントです。

運動に苦手意識がある人、しっかり体幹を鍛えて、機能的な体を作りたい人におすすめです!

ダンススタジオ

ダンスは今子どもから大人まで大人気ですね!

音楽に合わせて体を動かすのが好きな人、トレーニングよりも有酸素運動で気持ちのいい汗を流したい人におすすめです。

ジムへ足を運ぶ前に確認しておきたいこと

まずは足を運ぶ前に確認したいことがこの4つ!

  • 自分の目的に合ったジムであること
  • 施設の設備
  • 料金やコース、営業時間
  • アクセス

自分の目的に合ったジムであること

まずはジムに行く目的ジムに行ってなにがしたいを確認しましょう。

例えば、

目的:ダイエット、ジムを楽しみたい

ジムでしたいこと:トレーニング、ランニング、スタジオレッスン

だとします。

これらを満たす為には、トレーニング器具があって、スタジオもあるジムに行く必要があるのでフィットネスクラブを選択するのがいいですね!

自分がなにをしたくて、なにを求めてジムに行くのかを一度しっかり考えてみてください!

ちなみにわたしは飽き性で行くたび違うものをしたいので、総合型クラブのフィットネスクラブが好きです!

施設の設備

続いて確認したいのが設備。

そのジムにはなにがあるのかをしっかり調べましょう。

わたしの場合はこれらがあるところを探しました。

  • ジムエリア
  • プール
  • スタジオ
  • シャワー(できれば湯船も)

あとはサイトの写真を見て自分が使いたいと思えるかというのも大切ですね。

各ジムのサイトに設備は必ず載っているのでチェックしておきましょう!

料金やコース、営業時間

料金コースや営業時間もジムによって様々です。

これは自分の収入や生活リズムに合わせることが大切ですね!

どのくらいの料金なら月々払えるのか、何時から何時くらいまで普段の生活の中で利用できるのかをしっかり把握しておきましょう!

アクセス

これもとても大切ですね!

駅から近いのか、車でいけるのか、駐車場は無料なのか。

アクセスが悪いと、通い始めてから通うのがしんどくなりやすいので注意です。

見学・体験のときに確認したいこと

ここからはジムに見学・体験で行った時に確認してほしいことです!

やっぱりなにより足を運んで、ジムの雰囲気やスタッフをしっかり見るのが大切。

  • スタッフの対応や身だしなみ
  • 施設の清潔さ
  • 利用者のマナー
  • 混む時間と、どのくらい混み合うのか

この4つを押さえておけばジム選びには困らないのでぜひ確認してくださいね!

スタッフの対応や身だしなみ

まずはスタッフをしっかり見ておきましょう。

レセプション(受付)スタッフ

まずは自分が入店したときに、レセプションスタッフのこの3つを確認してください。

  • 挨拶
  • 表情
  • 対応

挨拶はしっかりできてる?表情は疲れてない?対応は丁寧?

通うなら気持ちのいいスタッフがいるジムの方が絶対にいいです。

疲れたときに、そのスタッフの挨拶で疲れも吹き飛んじゃうこともありますからね!

インストラクタースタッフ

その後指導をしているインストラクターの対応を確認しましょう。

見る点としてはこちら!

  • 表情
  • 指導のていねいさ
  • 誠実さ

少し解説します!

表情

インストラクターの表情が疲れていたり元気がなかったら、こっちの元気もなくなっちゃいますね。

爽やかで見てるこっちが元気出るようなインストラクターのもとで、指導を受けたいものです!

指導のていねいさ

ジム指導やレッスン指導、なんでもいいので、インストラクターの指導のていねいさを見てみてください。

全然お客さんのことを見ていないインストラクターもたまにいます。笑

いろんな人ににしっかり目を配れているか、一人にばかりコミュニケーションをとっていないかを見てみてください!

誠実さ

ときどきチャラいインストラクターがいるんですよ。これね、本当に。笑

わたしがインストラクターだったときも、誠実さは本当に大切だなと感じていました。

やっぱね、いるんですよ、お客様と体の関係をもつ人も。

面倒なことにならないように、そして自分を守るためにもそこは確認できたら嬉しいですね!

施設の清潔さ

これはとても大切!

サイトでみた館内写真はきれいだったけど、足を運んで直接施設を見てみたら「なんじゃこりゃ、きったな!!」ってなることもありますからね、ほんとに!

どれだけ普段の清掃がしっかりされているのかも、そこで確認しましょう。

もし汚いのが目立つジムだったら、通ってもどんどん汚くなってっちゃうと思います…。

利用者のマナー

そのジムの既存会員のマナーを確認しましょう。

一番見えるのがロッカールーム

スタッフが普段見えない場所負だからこそ、マナーの良し悪しがわかりやすく出ます。

例えば、

  • 自分が使ったあとの洗面台をしっかり掃除しているか?
  • 場所を独占してるお局的な人はいるか?

というのはみておくといいと思います!

結構あるんですよ〜ジムによってマナーが悪い会員が多いところ…(T_T)

インストラクターやスタッフがどれだけ会員の人をうまく教育したり、マナーを守ってもらえるような工夫をしているかで全く違います。

混む時間帯と、どのくらい混み合うのか

自分が行きたいと思っている時間帯、どのくらい混むのかを聞いておくのはおすすめです!

特に平日の18〜20時は会社帰りの人で混み合うジムが多いので、その時間帯を狙っている人はどのくらい混むのかを聞いておくといいと思います。

まとめ

ジム選びに困ったら、

  • ジムの種類を知っておく
  • サイトで施設の設備・料金・営業時間・アクセスを調べる
  • 実際に足を運び、タッフ・施設・マナー・混む時間を確認

これらを押さえて、快適なジムを選んでください!

ジムによってモチベーションも全然変わってきますからね。

自分にあったジムで、快適なジムライフを送ってください!